しめ縄づくり

今年のしめ縄は、子供とわんぱく体験に参加して手づくりで。どこの親子も子供よりも親の方が真剣!小さい手ではちょっと難しかったかな。

父の車

父から引き継ぎ14年間、東京と静岡を行き来していたので走行距離は18万キロ。じっちゃんを知らない7歳の息子も、新車の納車日が近づくにつれ「じっちゃんの車、じっちゃんの車、替えるのやだなあ」と何だか感傷的な感じでした。納車日の朝、学校に行く前に、車が替わっても直ぐに見つけられるようにとナンバーをメモる息子。ナンバーも変わるんですけどねー。

14年間、お疲れさまでした!そして沢山の思い出をありがとう!

 

ブロッコリー

ブロッコリーは苗のポットから外して根を半分くらいちぎってから植え付けます。「根きり植え」というそうです。根の量を増やす効果があるのだそうです。そして本葉から下は斜めに深植えして土の中に埋めます。埋めた茎からも根が生えてきて少ない養分でもよく育つとのことです。この植え方で2年目に入ります。

たまねぎ

11月も中旬に入ったので、さつまいもの後作として、たまねぎを植え付けました。古い根は残しておいてももう伸びないそうなので、苗についている根を切り詰めてから植えます。古い根を切り詰めると新しい根が伸びるのが促されるのだそうです。

落花生

落花生の最後の収穫をし、春夏からのものはサツマイモを残すのみとなりました。元々、ナスに養分を供給する追肥効果を目的に、落花生やエダマメを初めてナス栽培に混植してみたのですが、ナスも昨年よりうまく育ったし、エダマメや落花生などのマメ類もおいしくいただけ、なかなか好循環だったと思います。
ゆで落花生にします!

秋冬野菜へ

夏野菜の後片付けが終わりました。夏野菜の根は残し、土にスコップで空気を入れ、茎と葉っぱは土に表面に敷き、手作りの発酵腐葉土を敷き込んで秋冬野菜の植え付けに備えています。手前は収穫まじかの落花生とさつまいもです。

プレゼン

内側からのアプローチと外側からのアプローチ、その両方のバランスを整合させる作業は大切だし時間が掛かります。ゆえにどうしても時間ぎりぎりまで作業してしまう癖は変わらず、10分前にようやくプレゼンの準備が完了しました。

初秋

9月に入ってもまだ日中は残暑が続いていますが、夜はかなり過ごしやすくなりました。バスコートのマルバノキも紅葉し、秋が近づいて来ていますね。

ワクチン接種1回目

昨日、やっと1回目のワクチン接種に行ってきました。静岡市はかなり遅れていて、まだ50代の一部の接種が始まったばかりです。政府の接種率見解とはかなりのギャップがあります。
予診室でアレルギーの話しになり、去年オクラの葉っぱで手のひらがかぶれた話をしたら、接種後の待機時間が30分になってしまいました。30分はキツかった! 副作用は注射を打った方の上腕が昨夜からかなり痛いですが、今のところ頭痛や熱が出ていないのが幸いです。

家庭菜園3年目に突入

耕さない、農薬を使わない、肥料に頼らない、接ぎ木は使わず必ず連作する、で始めた我が家の家庭菜園。3年目に突入しましたが、ナスもトマトも元気に育っています。ナスの畝に混植しているのはネギ、エダマメ、落花生、スウィートソルガム。混植させるタイミングなど、このやり方にだいぶ慣れてきました。