静岡浅間神社

今年は年始にPCが壊れ、ブログの更新がなかなかできなかったのですが、お正月の分も含めてまた少しずつ始めていきたいと思います。

初詣はもう数十年、毎年、今年も静岡の浅間神社からでした!

初蹴り

今年のはじまりは2日の初蹴りから

お正月の恒例行事、静岡高校サッカー部の初蹴りから一年が始まりました。サッカー部は来年、創部100周年をむかえます。夜は同期ごとに集まりミニ同窓会を行いますが自分たちの101期は毎年10人前後は集まるゆかいな仲間たちです。

あけましておめでとうございます。今年もどうかよろしくお願いいたします。

「しぞーかの家」見学会

1日目が無事終了しました。たくさんの方に見に来ていただきありがとうございました。24日も引き続き開催いたしますので、ご興味のある方は是非お越しください。

しぞーかの家 case009 その52

最後の追い込み

見学会までにすべては終わらないようですが、ちゃくちゃくと工事は進んでいます。年末の繁忙期にも重なり、職人さんたちはあっちの現場やこっちの現場と大変さが伝わってきます。一部未施工の部分は残りますが、それでも何とか明日までには形になりそうです。いよいよ明日から2日間、見学会です。ご興味にある方はどなた様もご覧いただけますので、お気軽にお越しください。

しぞーかの家 case009 その51

押入の襖が取り付けられました。一枚が天井いっぱいの高さ(2.25m)で巾は1.75mの大きな襖です。その大きさゆえに和紙を1枚では貼れないため、3枚の鳥の子和紙を貼り合わせています。よーく見ないと分からないですが。

しぞーかの家 case009 その50

手触り

手摺りを握ったときの感覚が少し硬かったので大工さんに角を少し落としてもらっています。快く対応してくれる大工さん。丁寧な仕事に頭が下がります。

しぞーかの家 case009 その49

パネル暖房

暖房は輻射熱で室内を暖めるパネル暖房を採用しています。熱源はガス給湯器です。お湯を使った風のない暖房は、北海道や北欧では標準的な暖房方法です。

しぞーかの家 case009 その48

仕上げ

室内のしっくい塗りが完了したため、照明器具やスイッチコンセントなども取り付けられました。建具もぞくぞくと搬入されてきます。室内も明るくなり一気に住宅らしくなってきました。

しぞーかの家 case009 その47

アプローチ階段

先日、ベースコンクリートを打設していたアプローチの階段部分が仕上がりました。土間の仕上げはビリ砂利(大磯)の洗い出しです。これから手摺りの設置、階段廻り、と外構工事は進んでいきます。