ディテール「階段01」

「向ヶ丘の家」の階段

小さな住宅のためのコンパクトな半螺旋階段。通常階段には1,2階ともに1坪の床面積が必要なのですが、この階段は下半分の螺旋階段(スチール)と上半分の直線階段(木造)を組み合わせることで、1,2階とも3/4坪のスペースで階段が成立しています。1,2階合わせると0.5坪ですが、この0.5坪が狭小住宅には大きいのです。ちなみにこれは畳で1畳、トイレのスペースが確保できる広さです。

小住宅では階段をどう配置し、どうつくるかということが、空間成立のカギとなります。