しぞーかの家 case009 その43

バルコニー手摺り

2階バルコニーに縦格子の手摺りが施されました。縦の格子は正面から見ると視界が開けますが、少し斜めからや横から見ると格子によって視界が遮られます。これは室内の窓からは外の景色が見えるけれど、外部からは正面から建物を見ないかぎり室内が見えないことを意味しています。実際、道行く人が立ち止まって他人の家の窓の方をじっと見ることは、日常生活ではあまり考えられないことなので、プライバシーを確保しながらも景色を取り込みたいというケースには、縦格子は非常に有効な手段になります。また小さいお子さんがいて安全対策が必要な場合にも、格子が縦のため足を掛けたりしてよじ登ることができないので、非常に効果のあるデザインと言えます。